1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

アラフォ~おじんの嫁に白い目で睨まれながらもプラモを作る。 それはもぅ、涙なしでは語れない・・・ブログにしていく予定のブログ


プロフィール

sary19720910

Author:sary19720910
1972年生まれ。
帯広生まれの札幌人。
アシカイクルと言う模型サークルに所属してます。

更新情報
FC2カウンター
あなたは
完成したら出品!!
マイ・オークションをごらんください
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
参加コンペ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1041位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
131位
アクセスランキングを見る>>
ツール・マテリアルショップ
G-PARTS
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
18

Category: ずをコン3rd

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

とりあえず形はこんなん???
ローゼンズール、ドラッツェライダーを出品し

自分の中で一区切りついたような気がしてます。

(まだオークション終わってないんだけどね)


本業では雪祭りの大雪像の荒削りの段階に入りまして

夜更かしできないくらいに結構疲れてます。

(今もヤバス・・・)



そんな中、


ずをコン3rd出撃機体のコチラ

HMHM01.jpg

「ハンマ・ハンマ改」あらため・・・

HMHM02.jpg


ハンマ・ハンマ・ヘッジホッグとします!


HMHM03.jpg

ヘッジホッグ(ハリネズミ)、なんとなくそんな感じでしょ???

キット付属の設定資料に非常に興味深い記事が書いてありまして、

何機か試作機が存在してそのうちの1機がマシュマーに渡ったということ、

一般パイロットでは改良サイコミュも生かしきれず単なるマニピュレータとしてしか使用できなかったということ

バウのように2機分離型MSのテスト機として改造されていたものもある・・・

とまぁバリエーションに富んだMSなんですねこれが。



その点をいいように解釈し、

この「ヘッジホッグ」は有線誘導ビームハンドの機能を廃し、パイロットのサイコウェーブ伝導率計測のための

試験機ということで、コックピットから各種センサーの集中する頭部から上半身。

本来サイコミュとしてサイコウェーブが到達する末端であるクロー部。

サイコウェーブ発信・受信のための「アンテナ」としての役割をもたせたブレードが幾重にも重なったその様は

まさに「ヘッジホッグ」と呼ばれ、そのまま機体名称にもなった、

という設定にします。



(質問や苦情に関しては受け付けておりませんのであしからず・・・!!)




明日以降塗装に入りまして、デカールワークに力を入れてみようかなと思ってます。

なんせ試験機なんでコーション系は沢山あってもいいしねー!





あ、だめ・・・


眠い・・・





したっけー!!




Comments

うわっ!形になってるし、カッコイイし!
塗装に入られちゃうんですか?!
置いてかないで~。
(けどサボリつづけるw)

Leave a Comment