1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

アラフォ~おじんの嫁に白い目で睨まれながらもプラモを作る。 それはもぅ、涙なしでは語れない・・・ブログにしていく予定のブログ


プロフィール

sary19720910

Author:sary19720910
1972年生まれ。
帯広生まれの札幌人。
アシカイクルと言う模型サークルに所属してます。

更新情報
FC2カウンター
あなたは
完成したら出品!!
マイ・オークションをごらんください
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
参加コンペ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1302位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
169位
アクセスランキングを見る>>
ツール・マテリアルショップ
G-PARTS
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
28

Category: LBXアキレス・ディード

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

アキレス・ディード完成
昨日の状態からいったんバラしてフラットクリヤーでコートして組み上げました。

DEED05.jpg

画像デカいっすね(^^:)

クリックで別窓で開きますので気になる方はどーぞ。

DEED06.jpg

DEED07.jpg

DEED08.jpg

DEED09.jpg

DEED10.jpg

ぶっちゃけシリーズ1作目のアキレスとほとんど同じ造形で、たった1年しかたってないものの古臭さを感じてしまうのですが、ちょっと手をかけてやるだけで印象が変わりますね~。

前回の改修箇所プラス、ウエストの接続部分をBJにして、顎を引けるようにアゴの裏を削りました。

本日やっとこHJ誌を購入して見てみると、やっぱりディードやペルセウスの作例が載ってまして
今回の私のディード同様の股関節の改修やカラーリングなど、やや共通する箇所があって非常に興味深かったです。




さて・・・



やりますか・・・・



コイツを・・・・・・・・






ハカイダー000


素体の紹介ですが、
S.I.C.(スーパー・イマジネイティブ・超合金)の12作目。

初版はもう12年くらい前に発売され、さらに何年か前にSICクラシックスという名目で再販。

ハカイダー自体は私の世代くらいの方々はおそらく再放送でお目にかかってると思います。
そして高校生くらいのときだったかもうちょっと後だったか、ハカイダーが主役の映画が出まして、
ビデオレンタルされたときにソッコー借りましてね、そりゃ見まくりましたよ。
劇中で乗ってるバイクも確か「ギルティ13000」だかそんな名前で、しかしどう見てもV-MAXなんだけど
ハカイダーにピッタリで今でも強烈に脳裏にこびりついてます。

そもそもなしてガンプラばかりやっている私がそんなにSICに食いつくのか、

10年前に仕事の都合で札幌に越してきまして、(その次の年から5年間さっぽろ雪祭りの技術員として冬の期間は)
雪像製作に携わってたのですが

その技術員の長の方が、私がプラモデルを作るのを知って

「S.I.C.匠魂って知ってるか?」と聞かれ、まぁ当時も今と変わらずHJとか見てましたのでその存在は知ってましたので

「えぇ、まぁ」と今思えば浮かない返事をしたんじゃないかなぁくらいの返事をし、

「ちょっとさぁ、作ってほしいて言うか改造して欲しいものがあるんだけど」と言われ、

きっとこれは雪祭り技術員としての腕前をチェックされるのでは!?よし、やったる!!と言うことで

「いいですよ。で、モノはなんですか?」

「コレ」と私の手のひらに乗せてきたものが・・・

ハカイダー001

「なにこれ・・・」

こんな手のひらサイズなのにこのディテール、重量感、そして何より「ハカイダー」!!

通常のS.I.C.ハカイダーと並べるとこんな感じ。

ハカイダー002


素直に「欲しい」と思いましたよ。

「・・・で、こ、これで何を・・・?」

「ハカイダー4人衆って知ってるか?あれをコレでやって欲しいのよ」

まぁ、当時も一応モデラーの端くれを自負してましたので・・・

「いいですよ。やりましょう!でも何か資料みたいのありますかね?」

「あるある、持ってくるわ」

次の日

「これに似せてくれよ」と預かったのが「S.I.C.リミテッド」のシルバー、ブルー、レッドハカイダー!!

これらがまたそのときは一時期プレ値でとんでもない値段がつくほどの人気商品だということでしたが

「なんだ、この造形は・・・!!」一部可動するだけの固定フィギュアなのですがコレがまたカッコいい!!

私もその後S.I.C.を収集しましたが、リミテッドのハカイダーを手にできたのはその時だけでしたねwww。

ちなみにノーマル(ギル)ハカイダーはコレ。

ハカイダー003

そして素体を必要数預かり、最高の資料を眺めながら1週間くらいで完成させて渡しました。

えらく喜んでくれましたねwww。

後に匠魂リミテッドとしてシルバー、ブルー、レッドハカイダーとそれぞれのバイクが商品化されましたが
それよりも私の作ってくれたのが良いと言っていただけました。

「これさ、また作ってオークションとかに出してみたら?」と言われ、それからSIC系商品のコレクションや改造にハマリました。

改造もしました。
改造するために工具やマテリアルが充実し始め、当時得意としていた匠魂に電飾といったことも今の発行ギミック作成に役立ってるのかななんて思いますね。
シリコン&レジンでの複製もSICの改造がらみで初めてやった記憶があります。





兎にも角にも



S.I.C.との出会いがなければ、おそらく今の趣味であるガンプラなんかも続いてなかったでしょうね。

続いてたとしても素組みに毛が生えた程度だったのではないかと・・・


え?



今でも素組みに毛が生えた程度だべって・・・?



(:_:)



さーて、ハカイダーのペイント落としましょうかね!!!




したっけー!!

Comments

http://shiromasu.blog112.fc2.com/
ハカイダー知らないんですけど、かっこいい。
仮面ライダーとはまた違う印象でいいですね。
4人衆?もわからないんですが、なんかすごいの出来そうで楽しみにしてます!!
しろますさんへ
そっかー、しろますさんは知らないかwww
ジェネレーションギャップって言うんですかねwww(そだよな、俺今年40だものね)

「人造人間キカイダー」が作品名。ハカイダーはコレの敵役。
ちなみにハカイダー4人衆は「キカイダー01(ゼロワン)」に登場します。

実は原作はあの石森章太郎の初期の特撮ヒーローです。

興味があればwikiを見てもらえると詳しく載ってますよwww!
S.I.C.に対するsaryさんの愛が伝わってきますね!
手のひらサイズのオーラが凄いですね!
引き込まれますね。
へなさんへ
いやぁ~
SICからは遠ざかってましたが、やっぱりこういう有機的なラインのものも大好物なんだなと改めて思いましたね。

SIC匠魂、まさに匠の技と魂が凝縮されたコレクション・トイだと思います!!!!

Leave a Comment