1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

アラフォ~おじんの嫁に白い目で睨まれながらもプラモを作る。 それはもぅ、涙なしでは語れない・・・ブログにしていく予定のブログ


プロフィール

sary19720910

Author:sary19720910
1972年生まれ。
帯広生まれの札幌人。
アシカイクルと言う模型サークルに所属してます。

更新情報
FC2カウンター
あなたは
完成したら出品!!
マイ・オークションをごらんください
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
参加コンペ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
970位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
139位
アクセスランキングを見る>>
ツール・マテリアルショップ
G-PARTS
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
06

Category: MG バカニュー

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

とりあえずパチりました
皆様はもう仕事始めになりましたでしょうか?

私は明日からです。


そんな中ですが

バカニュー、パチれました。

ウワサどおり



カッコいい




です。









ウワサどおり



ファンネル同士の保持がサイテー


なのと他もろもろ気に食わないところがありましたので私なりの注意点をば。

これから組む方たちの参考になればと思います。


ν00

ね、かっこいいのよ。
でもね、

ファンネルの重さで上体がファンネル側に傾いてるのがお分かりでしょうか?
これもちょっといただけません。


んで問題のファンネルの接続方法ですが・・・


ν01

左の写真、Aの部分が隣のファンネルに噛むようになってるのです。
これはファンネルの左右にそれぞれ付いています。

んで中央の写真の状態、先ほどの噛む部分を下方にぐるんと回すと右の写真のように
内部にAの部分が噛むBの箇所が現れます。
なのでBの範囲内であれば自由にドッキングする位置を選べます。


しかしこの機構を利用して6つのファンネルをドッキングさせると・・・


ν02

分かりやすいように真横にして撮影してますが、とにかく弱い。

「横にしてるからでしょ?」

なんてレベルではないです。

普通に突っ立っているだけのガンダムにこれをくっつけると前方か後方に

「べらん」と根性のかけらも無くくたびれてしまい、
挙句の果てにはバタバタとファンネルが落下してくるという


残念なウワサどおりの結果となりました。



コレは何とかしなくては・・・。


ファンネルを個々にスタンドで保持させるか思い切って固定してしまうのがいいんでしょうね。


あと、新しい規格のハンドパーツですが

すごいですね、全指可動ですよ。それもランナーから切り離すだけで。MGサイズでですよ!

嬉々として組み立ててたら・・・・・


ν03

右手第一間接から先が「するり」とぬけるではありませんか!!

よく見てみると指先パーツの可動部分に本来あるはずの「軸」となる凸部分が無く、

経験上こういったパーツの類は抜けてしまってもまた本来の場所に差し込んでやれば何事も無かったかのように元に戻るはず・・・だったのですが・・・

凸部が無いんじゃあ差し込んでもまたするりと落ちてくるわけで。

「いやあ、もう、何なのよ」

と思いつつ、写真の丸の中、第一関節に0.3ミリ真鍮線で極細の軸を打って対応。

まったく手間かけさせやがる・・・。

おそらく金型成型上の「ハズレ」だったのではないかと思います。

(同じ思いをしてる方、おそらくいらっしゃると思うのですが・・・)



あと、



ν04


胸部ダクトのフィン部分がダクト枠との一体成型。
MGガンダムのように一枚一枚別パーツに、とは行かなくても奥がチラ見出来るようなのがよかったですね。
ここの改修ははいつかやりたいですね。

あと、全体的に外装パーツが弱い気がします。

パーツの合いを確かめるのに一度フレームに組んで外すときにダボのテンションに負けてパーツを
何度か真っ二つに割ったりしてしまいました。

リペアはうまくいきましたがショックでかいっす(泣


発動モードだかの関係でギミックも盛り込まれてますので、
しっかり塗装する方はしっかりダボの処理をしたほうがいいです。
最近の新素材製のフレームなので、外装パーツを組み込む特は「ヌルっ」とした感触なので
「お?パーツ外しやすそうだぞ!?」なんて思わせられるだけで、
いざパーツを外そうと思ったら道具でこじらなくてはならないとか、パーツを外そうとするその指に力が入りすぎて「指先ジャンククラッシュ」でパーツを破損すること請け合いです。

でもダボの処理もやりすぎるとパーツの保持力が全然なくなっちゃってポロポロ落ちちゃってね、
気がついたら部品がなくなってるとか。
あれ腹立ちますよねwww。

若しくは組みながら塗りながら作製するかですね。

私はダボの処理を今回はサボりましたので、
何かいつもとは違うフィニッシュ方法を考えたいと思います。

ひょっとしたら今年一年かけてやるかも・・・


やらないかも・・・



(どっちだよ)



と、まぁこのガンダムはしばらく寝かせます。



ローゼンもそろそろ塗りたいのですが、まだ改修してないし・・・



つか、




コレやるッス!!
完成させるッス!!



ν05





基本体形はほぼ固まりましたので、ここからディテやら何やら盛り込んでいきますよwww!!


したっけ!!